ミッション

ドルフィンシステムロゴ

「無線研究分野の日本トップレベルのお客様のパフォーマンス、競争力を高めるため、日本一効率的で生産性の高いユニークなサービスを提供する」

「​常に最新のツール、製品、無線技術を独自の視点で自社に取り込み日本一効率的で生産性の高いユニークな会社になる」

「日本の無線研究分野をさらに発展させるため、パートナーと連携してお客様の世界が広がりお互いの価値が高まるワークサイクルを作り上げる」

これが私たちのミッションです。

ミッションにかける思い

私たちドルフィンシステムは、無線の研究開発の現場で、試作機や測定機・シミュレータなどを開発してきました。この開発現場においては、ハード手作り、ソフト手作り、手戻り多くて時間がかかるというプロセスが多く、お客様にそのしわ寄せがいってしまいます。

ドルフィンシステムはこの開発の流れを覆すため、

  • ハードウェアは積極的に既製品を使用する
  • ソフトウェアも用意されているものがあれば手を入れて作り上げる

を推進し、

  • 出来るだけシンプルに素早く作り上げて、お客様に成果を上げて頂く開発プロセスにフォーカス

しています。

技術的に優れていたとしても、お客様の成果が素早く上がらなければ意味がありません。
私たちドルフィンシステムは、お客様が素早く成果を上げて頂けるような、開発ノウハウの吸収を常に行なっています。

Build on Strength

私たちが大切にしているキーワード

    1. シンプルで低リスクな開発手法
    2. リスクを抑えて素早く実行する
    3. お客様も私たちもストレスフリー

私たちはこの3つのキーワードを大切にし、私たちが判断に迷った際の道しるべにしています。

シンプルであるからこそ見通しが立つ
見通しが立つからこそリスクが減る
このような開発手法だからこそ、素早く実行出来る。
見通しが立ち、素早く実行出来るからこそ
お客様がストレスフリーに成果を上げられる。

お客様が作る価値、私たちが作る価値

仕様に基づいたハードウェア、ソフトウェア、ドキュメント一式を納期までに納品させて頂くのが受託開発サービスのミッションです。
しかし納品3点セットは、納品物であって成果物ではありません。
お客様にとって真の成果物は、研究や実験、お客様の仕事が成功すること。モノが納品されたからといって、お客様が真の成果を得られるとは限りません。
ドルフィンシステムは、受託開発サービスや納品されたモノを通じて、お客様の仕事の成功、キャリアが形成されることを第一に仕事を行ないます。

お客様の成功のために、私たちは時間を費やします

お客様の目的に向かって、お客様とドルフィンシステムで分業することで、お客様が本来取り組みたい仕事に集中できます。

私たちはお客様の課題にたいし、悩み、考え、そして提案します。
私たちが1時間悩んだら、お客様は1時間得たのと同じ効果が得られます。

お客様ご自身で課題を克服することは可能かもしれません。ですがお客様が自分で行なうと時間が失われてしまいます。

成功するためには、ドルフィンの専門性をもって協力・分業が必要です。

お客様が実現したい事から、具体的な実装などを考え、まず提案書などの形にします。
お客様の仕事の成功、キャリアの成功が本来お客様が得るべき成果物です。 それを実現するためにドルフィンシステムの受託開発サービスは存在しています。言われたことをするだけの「下請け」とは違い、お客様の成功を成果物と考えています。

ソフト、ハードだけでなく「お客様にとって良い事」は、おせっかいながらも提案させて頂きます。

株式会社ドルフィンシステム
代表取締役 笹 生  拓 児