開発サービス

どのくらいの差が?LabVIEW FPGAと伝統的なVHDL開発の開発効率比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LabVIEW FPGA vs VHDL , 開発効率の差は何倍?

LabVIEW FPGA を使うと FPGA の開発効率はどの程度上がるのでしょう?

比較のため、小規模でも本格的OFDM送信プログラムを実際に作成してみました。

OFDM送信ロジック部を以下の3種類で実装して実装時間を比較します。

  • LabVIEWソフトウェアを使用して実装
  • LabVIEW FPGAを使用して実装
  • VHDLのコーディング

さて、どのくらい差がついたでしょうか。

実装したOFDM 信号の送信プログラム内容

開発効率の比較のため、できるだけ実際の開発に近い単純なOFDM 信号を送信するプログラムで行いました。

 

比較結果

開発効率の比較(LabVIEW FPGA でのコーディング時間を 1 として比較)

開発効率の比較

送信データと QPSK サブキャリアマッピングの部分のコーディング時間をそれぞれで比較しました。

※ IFFT は Xilinx IP コア使用のため比較対象外としました。

対象ハードウェア プログラム言語 コーディング時間 LabVIEW FPGAを1として
 USRP  LabVIEWのみ  15分  0.6818
 FlexRIO + FAM  LabVIEW FPGA  22分  1.00
 FlexRIO + FAM  VHDL  63分  2.8636

結論 ! LabVIEW FPGA + PXI は 約3倍 効率 UP !!

上記の比較検証結果から、LabVIEW FPGA の効率の高さロジック部分の比較で約3倍も開発効率が高まることがわかりました。

今回は、信号処理ロジックだけを比較しましたが、市販の FPGA ボード + VHDL での開発は、バスアクセス等インターフェース周りなどを作りこむ必要があり、トータルで考えるとさらに LabVIEW FPGA の開発効率はもっと高いでしょう。

LabVIEW FPGA + PXI  or USRP-RIOではバスアクセス等のプログラムは FIFO ドラッグ&ドロップするだけです。

LabVIEW + PXI の開発効率は現時点最強の FPGA 開発環境です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加